消費者金融のキャッシング審査がすぐに終わる理由

消費者金融にキャッシングの申込をすると、必ず審査を受けることになります。現在は貸金業法による総量規制が導入されているため、年収の3分の1を超える額の借入ができません。また、貸金業法によって申込者の返済能力のチェックの管理を厳しく規定されているため、過去に比べると審査が入念になっています。しかしそれでも、消費者金融のキャッシング審査は数十分で終わり、即日融資が行われています。それは、現在の大手消費者金融のキャッシング審査には「スコアリングシステム」が採り入れられているからです。

消費者金融のキャッシング審査は通常、自社のデータに基づくスコアリングシステムによる審査と、指定信用情報機関に照会した申込者の信用情報に対する審査の2段階になっており、それに、勤務先の有無の在籍確認が加えられます。

スコアリングシステムと言うのは、キャッシング事業における過去から培われてきた莫大な数の利用者のデータを年齢や収入、職業、雇用形態、勤続年数、住居、家族構成など、同じ属性情報ごとにグループ分けし、各属性グループの借入や返済などの実績を評価した数値をコンピュータに入力したものです。

そして、キャッシングの申込を受けた際に、申込書に記載されている属性情報をコンピュータに入力すると、コンピュータが自動的に申込者と同じ属性グループと照合し、一瞬にして申込者の評価値を出力します。つまり、申込者の属性が高ランクのグループに入っていれば、高数値となって貸出の可能性が高まりますし、返済事故の多いような低ランクのグループに該当すると、貸出を断られたり、利用限度額が低く抑えられたりします。

このスコアリングシステムがあるからこそ、消費者金融は申込後短い時間での貸出可否の判断が可能であり、即日融資ができるようになっています。

なお、スコアリングシステムによって貸出が可となれば、次に指定信用情報機関から照合した信用情報に滞納などの返済事故が無く、他社からの借入が総量規制の額に抵触していなければ、貸出が行われます。

ad ad ad

Flickr Images

flickrRSS probably needs to be setup

View All Photos

Enter Search KeyWord:     

最近のコメント

    アーカイブ

    Please use wordpress Widgets.