主婦キャッシングを行う時の注意点

主婦キャッシングのデメリットは、旦那に知られてしまったらトラブルになってしまう可能性がある、専業主婦ですと借り入れできる金額が制限されたり、消費者金融では借り入れができない、収入が少なければ返済のために仕事を増やしたり、旦那の収入から返済することになる、など。
旦那に知られずに借り入れを行えますが、油断をしてしまうと、ふとした事が切っ掛けでばれてしまう事だってあります。
旦那に主婦キャッシングを知られないようにするコツですが、借り入れしている金融機関からの郵送物に気をつける、明細は残さない、キャッシングカードは管理をしておく、延滞をしない。
勘の良い旦那さんですと、キャッシング機関からの郵送物で借り入れに気付きます。
一応、キャッシング機関からの郵送物の封筒には、キャッシング、借金、借り入れ、といった文字は記しておらず金融機関だとすら分からないような記述がなされています。
それでも、金融に長けている旦那さんだと気付いてしまいます。
キャッシングカードも同様、キャッシングだとはっきりと分かるような外見はしていませんが、旦那さんに見られてしまい何のカード、と尋ねられるとボロが出てしまいがちです。
申し込みを行う時の電話ですが、自分の携帯を指定しましょう。
自宅の固定電話ですと、旦那が出てしまった時にばれやすいです。
延滞をしてしまうと督促のために電話がかけられるようになりますので、延滞はしないように気をつけましょう。
お金を借り入れたら、後は家計を管理しながらも返済を頑張りましょう。
買い物にはまったり、贅沢な生活に慣れてしまうと、主婦でも多額を借金してしまいます。
節度を持って計画的に借り入れれば安心できます。
主婦キャッシングは、専業主婦ですと銀行からしか借り入れができません。
専業主婦でも借り入れはできますが、できるならばパートを始めたりアルバイトをしたり、と自分で稼げるようになっておいた方が、返済を滞らせにくいです。
働かずとも、旦那の収入から返済ができますが、より金利を浮かせたり、多額を借り入れたければ自分の収入があった方が吉。

ad ad ad

Flickr Images

flickrRSS probably needs to be setup

View All Photos

Enter Search KeyWord:     

最近のコメント

    アーカイブ

    Please use wordpress Widgets.